34歳から始めた上顎裏側歯列矯正~歯にまつわるアレコレ

歯列矯正の痛み

痛みは、何度なくやってくる。ただそれがずっと続くわけじゃない。

 

歯医者のキーンと削られる感覚、麻酔の針が刺さるあの独特の嫌な感じ、歯医者あるあるのソレ。

 

私の最初の痛みは抜歯でした。痛いというより怖かった。

ちょっと泣いたと思う。2日にわけて、最終的には3本抜きました。

 

装置を付けた時も痛かったし、つけてからも痛い。

鎮痛剤ももらえるし、痛みをやわらげるレーザー治療というものもありました。

 

矯正中の痛みは、歯が動いているらしき痛みと器具があたって傷ができて滲みたり

傷自体の痛みがありました。

ワックスと言われるブランケットにつけるアイテムがなければ、毎日泣くか暴れていたと思う。

ブランケットをつけていた3年のうち、2回くらい、煩わしさと痛みで、

「あーーーーーーーもう辞めたい!!!!!!!もうマジで!」

みたいな状況になったことがあります。

でも、辞める方が面倒だったし少なくないお金をかけているのもあり、

周りの友達や彼氏に愚痴るか(嫌われない程度に)、矯正仲間と共有して、

発散してたように思います。

寝れば忘れるし、慣れます。そして痛みはずっとは続きません。

(あまりにもひどいときは病院へ)

 

唯一の不健康なメリットとして、

私の周りの大人歯列矯正経験者は、全員、激やせしたと言ってました。

慣れるまで流動食しか食べれない人続出。

 

私の場合は、矯正の痛みよりご飯を食べる欲求の方が強かったので、全く痩せませんでした。